法人と個人事業のちがい

独立や開業を考える際にまず、個人事業主としてビジネスをはじめるか、それとも法人(株式会社や合同会社)ではじめるかは迷うところです。
個人事業主と法人それぞれにメリット・デメリットはあります。
ざっくりいうと、個人事業主は手続きがカンタンな代わりに節税等のメリットは少なく、法人は手続きが複雑な代わりに節税や信用面でメリットが大きい、ということになります。

合同会社 個人事業 株式会社
設立費用 設立費用6万円 設立費用0円 設立費用約20万円
会計処理 複式簿記によるしっかりとした会計が必要 複式簿記によるしっかりとした会計が必要 複式簿記によるしっかりとした会計が必要
資金調達 株式会社とほぼ同等 むずかしい 銀行、。日本政策公庫共に
信用力が高い
信用・知名度 株式会社よりは低い 低い 高い
求人のしやすさ まだ認知が広がっていないので集まりにくい 集まりにくい 求人しやすい
節税 多い 少ない 多い
法人格 あり なし あり
役員の任期 なし なし 2年~10年
決算公告義務 なし なし あり
配当金 あり
(出資割合に関係なく)
なし あり
(出資割合に応じて)
繰越欠損金 青色申告10年 青色申告3年 青色申告10年
税金 法人税 所得税 法人税
社会保険 役員1人から強制適用 従業員5人以上で強制適用
(飲食業等を除く)
役員1人から強制適用
  合同会社 個人事業 株式会社