会社設立手続きについて

設立手続きには「公証役場」と「法務局」の2か所に行く必要があります。

1.必要になる会社設立の実費

会社設立をする際に役所に支払う費用で、ご自分で設立をされても発生します。

  • 定款認証印紙代・・・定款(ていかん)という書類には、4万円分の印紙を貼らなければなりません。電子認証をすると印紙は不要になります。
  • 定款認証手数料・・・定款という書類を公証役場で認証をしてもらう際に支払う費用で、52,000円かかります。
  • 登録免許税・・・会社を登記する際に法務局で発生する税金で15万円かかります。
  • ハンコ・・・会社の実印登録をする必要があるので、ハンコが必要にあんります。材質や本数に応じて数千円から1万円位が相場です。

2.設立の代行に関する代行会社の手数料

書類作成や提出は行政書士や司法書士という専門家が行いますが、その際に電子認証手数料や司法書士手数料が発生します。

0円もしくは数千円の料金で会社設立代行をおこなっているホームページは設立後の税理士契約がセットになってます。

弊社では設立後の税理士顧問契約とセットでご依頼をいただいた場合、司法書士と行政書士の手数料は0円としております。税理士を依頼するか悩んでいる方も是非お気軽にお問合せください。