クラウド会計ソフトをお勧めする理由

クラウド会計ソフトを導入したほうがいいの?

クラウド会計ソフトを導入すると、

  • これまで支払いや売り上げ、経費や給与など取引内容を1件ずつ手で入力していた作業がなくなる!
  • ボタン一つで経理の多くの作業が瞬時に終わってしまう!
  • これにより「時間」や「コスト」が大幅に軽減され、誰にでもできて、ミスも発生しない!

というメリットがあります。ところが・・・

  • 起業したばかりで経理の知識がない。
  • 会計ソフトの操作に抵抗がある。
  • 他の会計ソフトで挫折した・・・。

こんな方がいきなりクラウド会計システムを自力で導入するのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。

ハードル1・簿記の知識ゼロ

  • 簿記用語がよくわからない。
  • 登録された勘定科目が本当に正しいのかわからない。
  • いろんな「帳簿」があるが、何が何だかさっぱりわからない。
  • そもそも「何が経費で落ちるのか?」すらわからない。

簡単だと言うものの、やはり簿記3級程度の知識は必要です。知識ゼロだと画面を見ても「何が何だかよくわからない」状態になります。

ハードル2.導入設定が複雑

  • マニュアルを見る気がしない。
  • 操作や設定がまるでよくわからない。
  • サポート窓口に電話して説明を聞いたがよくわからない。

会計ソフトはまず初期設定をしないと使えません。もしあなたが初体験なら、設定や操作に戸惑うはずです。

ハードル3.導入後にも問題が・・・

  • 銀行やクレジットカードのデータをうまく取り込めない。
  • 領収書をスマホで撮って取り込む機能や、設定がよくわからない。
  • レジアプリの連動ができない。
  • 他の会計ソフトから乗り換えたいが、データの移行に手こずっている。

領収書をスマホで撮ってボタン一発でクラウド会計ソフトに取り込めるなど、連動すれば便利な機能が使い放題です。

問題なのはアプリや周辺機器との連動が設定できず、パフォーマンスが発揮できないことです。
もしあなたが経理やソフトの初心者なら負担が大きいかもしれません。