経理代行とは?

会社設立後には、本当に様々な問題が起ります。本当に専門家が必要になるのは、会社設立時よりもむしろ会社設立後です。弊社では、「会社設立をしたらそれで終わり」とは考えていません。

会社経営には、必ず経理業務が発生します。経理業務は非常に多岐に渡ります。日々の記帳業務、決算書作成、給与計算、支払い予定の管理や売掛金・買掛金の管理など仕事量は多いです。

創業したばかりの会社では、経営者が自らおこなうことも多いようですが、煩雑で手間暇がかかり、なおかつ専門的な知識が求められる経理業務は、本業で忙しい方にとってはかなり大きな負担となります。

経理の専任担当者を雇ったり、総務などの従業員に経理を兼務してもらったりしても、「数字の入力や支払いの間違いが多い」「担当者が急に退職したら、誰にも任せられない」「月末の数字が知りたいのに、すぐに出てこない」「資金繰りがわかるような仕事をしてくれない」など、さまざまな形で経営者の悩みとなっているのが現状です。

経理代行・記帳代行とは?

以上のような煩わしい経理業務を少しでも楽にするための有効な手段として注目されているのが経理代行サービスです。

経理代行を依頼することは、自社で経理業務を行うよりも、本来の業務に集中できることが特に大きなメリットだといわれています。経理業務に時間を割くことも、経理担当者が行った仕事の管理に手間をかけることもなくなるのです。

人件費削減にもつながる

経営コスト面での削減も見込めます。経理担当の従業員を雇用する人件費をなくすことができます。

もちろん、そのかわりとして経理代行業者への支払いが発生するわけですが、よほどの事が無い限り従業員の給料よりも高くなることはありません。その他にも経理業務の専門家が担当するので

  • 経理業務はスピーディかつ正確になる
  • 税務の最新情報(税法の改正など)を提供してもらえる
  • 経理の効率化のアドバイスが期待できる

など、経理代行にはたくさんのメリットがあるといえます。